久しぶりのMRI/CTスキャン検査

メディカルスキャニング渋谷 思ったこと

健康診断の一環で受診

二年に一回、会社が料金を負担してくれて、「MRIによる脳検査」と「CTスキャンによる肺検査」を受けることができます。ということで、久しぶりに検査を受けてきました。

受診したのは渋谷新南口の駅ビル内にあるメディカルスキャニング渋谷。都内を中心に、二十箇所ほど展開している、検査専門の医療機関だそうです。JRで来れば、駅ビルだから雨が降っていても濡れずに来られますね。まあ、私の場合は井の頭線の渋谷駅からなので外を歩いてきましたが。

検査手順

事前予約をネットで済ませると、案内が事前に郵送されてきていました。その案内と健康保険証を受付に出して検診開始。

しばらくすると名前が呼ばれ、まずは事前の問診です。MRIやCTスキャンで気分が悪くなったことはないか、以前に受けたことがあるか、その時の結果は、などと一通り確認されます。特に問題もないので数分で終了でした。

つぎに、着替えをするように指示がありました。廊下にロッカーがあって、そこに荷物を預けます。更衣室が二つあって、渡された検査着に着替え、荷物をロッカーに詰めて施錠。脳と肺の検査なので、着替えは上だけ。ただ、バックルが金属だったので、パンツのベルトは外し、ポケットも空に。
そんな感じなので、ロッカーも更衣室も男女兼用でした。大きなクリニックだと、更衣室内にロッカーがあるパターンが多いですが、まあ特に問題は感じませんでした。

着替えてから検査までにちょっと待たされたのですが、検査着一枚だとちょっと寒かったかな。
その間、金属物は身につけていないなどを問われる最終チェック(?)用紙を渡されて、記入しました。「入れ歯はダメ」と書いてあるので、念のため「金属の詰め物を歯にしているけど、それはいいのか?」と質問。「外せないものはしょうがないのでOK」とのことでした。まあ、そりゃそうですよね。

そしていよいよ検査本番です。

MRI検査

まずはMRI検査です。脳の検査ですから、頭を固定するマスク(ヘルメット?)に自分の頭を乗せて横になります。マスク(?)は下半分が検査台に取り付けられていて、頭を入れると上から顔側のもう半分を被せる形でした。音がうるさいと言うことで、ヘッドホンを装着。検査中は音楽が聞こえていました。と言っても、機械音の方が大きかったかな。
よく見なかったけど、このヘッドホンはどういう仕組みなのでしょうかね。金属を使っていては検査の邪魔になるし。大昔の飛行機のヘッドホンのような中空のチューブ式だったのだろうか。もう少しよく見ておけば良かった。

検査に要した時間は二十分くらいでしょうか。もちろん、時計を外していたので正確には分かりませんが。その間、頭を動かさずにいるのはそこそこ大変。「寝てしまってもいいですよ」と言われたけど、本当に寝ちゃったら寝返りを打つかも知れないし、頭をかいてしまうかも知れないので、結局、眠ることはできず。
それに、機械音はかなり大きめ。ゴゴゴゴゴォってパターンと、ウィーン・ウィーンというパターンがありましたが、どういう違いがあったのだろうか。あと、途中でかなり振動を感じる時もあったな。マッサージ器をゆるく当てられているくらいには感じたけど、どういう仕組みなのでしょうね。緊張を解くためのマッサージだとしたらもっと強めにして欲しかったけど。。。

CTスキャン検査

今回は検査のダブルヘッダー。MRI検査が終わって、すぐにCTスキャン検査です。こちらは肺(胸部)の検査です。身体を固定することはなかったけど、頭を乗せた部分に万歳をする形で両腕を持ち上げている姿勢をキープする必要がありました。検査時間は五分~十分程度でしたが、少々腕が疲れたかな。

胸の辺りを検査機のドーナツが覆う形なので、下からその輪っかを見上げるようにして検査を受けました。こちらももちろん機械音がゴゴゴゴゴォっとするんですが、顔が外に出ているし、真上・真下で音が鳴っている訳ではなさそうなので、それほど気にならなかったかな。

そうそう、MRIの時は寒かったけど、こっちの検査の時にはタオルケットを掛けてくれたのでそんな不快感もなし。MRIの時も欲しかったな。

結果は一週間後

と言う訳で、無事に検査が終わりました。着替えをして帰り支度。でも、冷えていたせいで、更衣室の並びにあるトイレにまずは直行。

着替えが終わってロビーで待っていると受付で名前を呼ばれました。でも、今回の検査の費用は会社持ちなので特に精算の類はなし。単に「検査結果は一週間程度で郵送します」との事務連絡を聞いて完全終了。帰路についたのでありました。

さて、どんな検査結果が返ってくるかな。

コメント

  1. 中野 潤子 より:

    あのMRIの20ッ分くらいの間、古典の冒頭部を何回か繰り返します。ところどころ忘れて近あの調べなくともボケは自覚しているのにと思います。

    • bunjin より:

      検査中、頭を使っているとどこかの部位の活動が活発になって、それが結果に出るのかな?
      なんてことを検査中に考えていました。