切り取られた空

写真は、再開発が進んでいる品川のビル群。最近、この品川や汐留など、海沿いに高層ビル群がどんどん建設されている。海風の流れも変わり、都心のヒートアイランド化がますます進んじゃうんじゃないかと心配だ。

温暖化もそうだが、景観がとにかく変わってしまっている。このビル群にはマンションもあって、子供の姿も見かける。彼ら・彼女らが見る空はいつもこんな風に四角く切り取られたものばかりなのだろう。光害によって「満天の星空」なんてのはとっくの昔に消えたけど、この先、ただの「大空」なんてものまで死語になってしまいそうだ。そもそも、空を見上げることすらしなくなるのかも知れない。

コメント