レアジョブで、毎日三十分の英会話習慣を付けよう

Meeting 語学

オンライン英会話レアジョブを五年半、続けてます

最初は無料のモニターとして始めたオンラインレッスンの「レアジョブ英会話」ですが、モニター期間終了後もそのまま自費で続けてます。スタートは2014年の9月。もう、五年半はやっているんですね。我ながらよく続くなと感心。
ほぼ毎日、約三十分のレッスンを受講してます。アカウントをTwitterと連携すると、こんな感じで「受講したよ」報告がツイートされるので、まあ、励みにはなります。と言っても、私の場合は「TOEICで900点取るぞ!」などと言った目標を決めている訳ではなく、取りあえず毎日英語で喋ることによって“現状キープ”が目的。あんまりガツガツやっている訳ではありません。
逆に言えば、そんな低いモチベーションでも続けられるのがレアジョブ英会話の良いところでしょう。もちろん、ガンガンやるぞって人ならば、さらに効果的でしょう。

日々、レッスン受講中

元々の目標が指して高くないのですが、現場維持という目的はお蔭で保てています。英語で電話が掛かってきても、路上で道を聞かれても、それなりにリアクションできて、会話も続けられてます。いきなり英語で話しかけられて、それに対応できているのだから、まあ悪くはないなと思ってます。実際の会話でのボキャブラリーの豊富さだとか、文法的な正しさはだいぶ怪しいですが。

ところで、オンライン英会話レアジョブとは

改めてレアジョブ英会話の紹介をしておきますと、Skypeや専用のWeb通話ツールを使ったオンライン英会話“教室”のこと。教室と言っても、一対一の授業です。チューター(先生)は海外(主にフィリピン)にいて、ビデオチャット(音声だけでも可)で授業が行われます。ほとんどのチューターさんは日本語が話せないので、レッスンは英語で進みます。もちろん、日本語ができる人もいるので、いきなり英語だけのレッスンに不安がある場合も大丈夫。
レッスンは予約制で、Webサイト上でチューターさんと時間帯を選んで行います。特定のチューターさんを続けて選んでもいいし、毎回違った人を指名してもOK。私のおすすめとしては、慣れてきたら色んなチューターさんと話をするのが良いと思います。人によって早口だったり、ちょっと特徴のあるしゃべり方だったりしますが、それこそが“実践的”レッスン。仕事にしろ、海外旅行にしろ、インバウンドのお客さんの接客にしろ、特定の人を相手にする訳ではないのですから。オンライン英会話の良さはここにあると、個人的には感じてます。通いの英会話学校だと、選択肢は狭いでしょうから。

レアジョブ英会話ではビジネス英会話、日常会話、入門編などのコースが用意されていて、各種テキストもWeb上で提供されます。どんな順番で進めて行ったらいいのか、のガイドラインが提供されています。ただ、それも自由度が高くて、自分のレベルや好みに合わせて変えていくこともできます。これも飽きずに続けられる要因ですかね。

タイトルには“30分”と書いたけど、正確には一回のレッスンは約25分です。この程度であれば、集中力が途切れることもなく続けられるでしょう。コースによりますが、日に何回もレッスンが受けられるものもあるので、一気にがんばりたい人も大丈夫。なんにせよ、続けることは重要。

正式に入会する前に、無料で何回か(通常は二回。キャンペーンをやっていると回数が増えます)体験レッスンを受けることができるので、オンライン英会話が自分に合っているかどうか、どんな調子でレッスンが進むのかを知ることができます。
その他、ちょこちょこ”XXXキャンペーン”をやっているので、上手いタイミングを見計らって入会してください。と言っても、「やるぞ!」という気になったら即スタートするのがベストでしょう。人混みに出掛けるのをためらうような状況が続いていますが、家でもできるオンライン英会話にチャレンジするにはいい機会かも。

とは言え、ネット経由で英語だけでレッスンを受けるのは不安。質問するにも、ネットの調子が悪いなどのトラブルの時にも、どうすれば良いか分からない?!と思われる方も少なくないでしょう。そんな人のためにレアジョブ英会話ではこんな本も出しています。自信がない方は事前に目を通しておき、さらにレッスン中も傍らにこの本を置いておくと安心して受講できますね。

コメント

  1. […] […]