ASUS X545FA は普段使いに丁度いいノートPC

ガジェット

ASUS X545FA とは

ASUSから2/5に発表があり、2/7から販売が開始された15インチサイズのラップトップ ASUS X545FA。先行してモニター試用させてもらえる機会を得ましたので、実際にいじり回してみた感想を何回かに分けて報告します。

第十世代インテル コアテクノジーCPU(つまりは最新のCPU)を搭載し、DVDスーパーマルチドライブが標準装備。Windows Hello指紋認証によるログインも可能。なんてのがウリになっています。ディスプレイは15.6インチ ワイドTFTカラー液晶(ノングレア)1,920×1080 FullHDで薄型ベゼル(画面占有率82.5 %)。ただし、タッチパネルではありません。
OSはWindows 10 Home 64 bit。メモリはDDR4 8GB、ストレージはSSD 512GB。サイズは360.2 x 234.8 x 23.0 mm、重さは約1.9 Kg。

CPUがインテル Core i7-10510Uとi3-10110Uの二つのグレードがあり、カラーバリエーションはトランスペアレントシルバーとスレートグレーの二色。その組み合わせで、ラインナップとしては四機種になってます。

外観チェック

まずはいつものように外観を見ていきます。

キーボードで目を惹くのは10キーが装備されていること。一般のキーはフルサイズ(キービッチ:19.05mm)でバランス良く配列されていて、その横にちょっとスリムなキーの10キーが並んでいます。数字を入力することが多い人には良いですね。(個人的には、キーボードのホームポジションがディスプレイに対して左にずれちゃうんで、余り好きじゃないんですよ。HHKBみたいなのがお気に入り。)
キーストローク(押した時の沈み込み、深さ)は1.4mmということで、使ってみてもかなり快適でした。

左側面の端子群。ディスプレイ側(写真左側)から電源端子、有線LAN、HDMI端子、USB3.0 Type-A端子 x 2、オーディオジャック、microSDスロットとなってます。

こちらは右側面。ディスプレイ側(写真右側)から、DVDドライブ、USB2.0 Type-A端子、電源インジケーター、バッテリーインジケーター。

端子群ですが、ウリとなっているDVDドライブは良しとして、USB Type-C端子がないのは”イマドキ”ではないかも。代わりになのか、有線LANコネクタがある形。そう言えば、ウリである光学ドライブもBD対応ではないですね。なんか、これだけ見ると、数年前のパターンという気がします。CPUが最新版を使っているけど、筐体デザインはオールドファッションと言えなくもないです。値段を抑えたかったのかな。この辺りの企画意図はちょっと謎。

附属のAC電源はASUSのいつもの奴。電源端子は見ての通り、電源専用の奴。やっぱりUSB Type-Cの方が汎用性があっていいんですけどね。

さて、こちらはひっくり返してみた底面。写真下端の左右にあるスリットはスピーカーです。言い忘れましたが、オーディオはharmon/kardonによるもの。それにASUS社のSonicMaster技術を併用し、低音から高音まできれいに再生できるのでした。実際、音楽DVDを視聴したり、Huluで映画を観たりしましたが、良い感じでした。床に足を伸ばして座り、膝の上にX545FAを載せての視聴だったんですが、ステレオ感も良い具合。

そうそう、膝の上に載せて使うと発熱で熱くて使ってられない!となっちゃうノートPCもあるんですが、X545FAはそんなことがなく、気持ちよく使えました。この空気孔のお蔭なのかな。熱を上手く逃がしているようで、本体の温度上昇をよく抑えています。熱くならないって重要なポイントです。

最近はディスプレイが360度、または180度ぐるっと回る機種も多いですが、X545FAはこの点でも普通。このくらいまでです。まあ、180度倒して使う機会はそうそうないので、実用上は全く問題ないですけど。

本体の素材ですが、ポリカーボネートとABSを使用しているそうです。高級機は外筐がメタル素材のものが多いですが、こちらは”カジュアル”。私はこっちも好きです。メタルは持った時にヒンヤリするし、手触り・見た目のせいか、ずっしりと重く感じる気がします。その点、樹脂の筐体は手に馴染むし(表面を凹凸にした加工がされているからでしょう)、軽い感じがします。このX545FAも15インチ ディスプレイだけあって重さは1.9 Kgあるんですが、持った感じはそこまで重いという気がしません。この雰囲気、良かったですよ。
カバンに入れちゃうと手触りも関係ないはずなんですが、気のせいかも知れませんが、持ち歩く時もそんなに重いと感じられなかった。例によってカフェに持ちだして使っていたんですが、それほど苦にならなかった。不思議なものですね。

使ってみた

外観からは、どういう用途で使うのが良いのかちょっと分かりかねる、という印象のX545FAだったんですが、まあ、いつもの調子で使ってみました。

バッテリー駆動時間は約6.7時間(i7の場合。i3は6.8時間)ということで、半日程度ならばAC電源は不要。また、タッチパッドが反応良く軽快に使えた(気がした)ので、マウスいらず。この一台でお仕事できました。

指紋認証によるログインは思ったよりも良かったですね。Windows Helloは顔認証の設定で使っていたことがあったんですが、暗い場所だと上手く認識されないことがありました。でも、指紋認証ならば問題なし。もちろん、こんなに明るいカフェの中だったらそんなトラブルはないでしょうけど、認識されてログインするまでも指紋認証の方が速い気がしました。それに、見ての通り、タッチパッドの一角にセンサーがあるので、押し易い(触り易い)の良かった。

最近はBDばかりになってしまったので、数年前のDVDを引っ張り出してみました。「乃木坂46 僕だけの君 ~Under Super Best~」です。

ディスプレイが15インチあるとかなりの迫力。会社でもプライベートでも、普段は13インチの機種を使っているんですが、印象はだいぶ違って見えます。乃木坂46のミュージックビデオって、映像作品としても拘った造りのものが多いんですが、充分に楽しめました。

ここまでの印象

光学ドライブも含め、端子群のチョイスが”オールドファッション”と文句を付けたりもしましたが、本体の軽さ、キーボードの打ち心地、ディスプレイのきれいさ、そして排熱性能の良さ(熱くならない)はグッドです。ASUS Storeだとi3モデルが78,000円 (税別)、i7が99,818円 (税別)の値段を考えれば、コストパフォーマンスの良い万能タイプのノートPC という印象です。
とりあえず、これ一台あれば事足りる感じです。春に大学入学やら就職やらをひかえていて、自分用のパソコンを買おうかなと思っている人におすすめかも。

次回は色んなアプリ・ソフトを使ってみた感想を書きます。

ここから買えます

直販オンラインサイトの ASUS Store から購入可能。
2020/2/28 15:00までに注文すると、ASUS X545FA 発売記念 延長保証プレゼントキャンペーン ということで、通常は保証期間が一年間のところ、さらにもう一年延長され、二年間保証が付きます
ちなみに保証内容は「製品保証書」の見本を見てください。故障時の対応等、一般的な内容かと思います。

Amazonのサイトなどでももちろん、購入可能です。

また、ASUS社によるプレスリリースはこちら。

コメント