Rakuten Mini(楽天ミニ)を薦める三つの理由

Rakuten Mini外観 ガジェット

片手で扱えるRakuten Mini

よく見かける、白々しいタイトルにしてしまいましたが、嘘はないです。三ヶ月ほど使ってみての感想です。

と言うことで、Rakuten Miniを改めて紹介。先日、やっとMNO(いわゆる“キャリア”って奴ですね)としての本格的サービスが始まった楽天モバイルが提供しているオリジナルのスマートフォンです。スペックなどは下記の記事を参考にしてください。

今日時点(2020/05/09)での楽天モバイルでの価格は19,819円(税別)。回線契約と合わせて購入することで楽天ポイントが5,000ポイントもらえるキャンペーンをやっているので、かなりお得でしょう。
カラーバリエーションは、私が購入した時から一色増えてナイトブラック / クールホワイト / クリムゾンレッドの三色。私のはクールホワイトですが、クリムゾンレッドが良かったなぁ。。。
最大の特徴の一つはその小ささ。カタログによると約106.2 x 約53.4 x 約8.6 (mm)となっています。見ての通り、まさに手のひらサイズ。片手で操作できます。

Rakuten Mini 片手で操作可能

この小ささの秘密の一つが、e-SIMを利用していること。これまでのスマートフォンと違って、SIMカードを挿す必要がありません。というか、内蔵されています。ソフトウェア的にe-SIM(内蔵SIM)を書き換えて使うことになります。SIMカード用のスロットがないので、こんなに小さく作れる訳ですね。

そして、機能面で言えば以下の三点が特にウリで、この機種をおすすめできるポイントだと思います。

  1. おサイフケータイ(Felica)が使える。
  2. テザリングができる。
  3. カメラの機能・性能が及第点。

この値段、サイズですからね。これはもう買いでしょう。以下、その三点をもうちょっとご紹介。

おサイフケータイが使えます

Rakuten Miniの開発元は中国のTINNOというメーカーのようです。型番はC330。日本では楽天モバイルだけが扱っているようで、この機種は日本向けの“特注品”のようです。なにせ、日本でしか需要がないおサイフケータイ機能を備えているのですから。
世界では、特に中国ではQRコード決済が流行りで、日本でもPayPayに代表されるように普及が進んでいますが、使い勝手はおサイフケータイの方が良いと思うんですよね。実は香港でも使われているようですが、そこ止まり。日本以外に広められなかったのが残念。
まあ、それはそれとして、日本で使う分にはとにかく便利でしょう。楽天EdyやSUICA、PASMOなどが使えるのですから。私もPASMOを入れてみました。ちゃんと使えていますよ。あと、Edyも入れて使っています。

Rakuten Miniおサイフケータイ

なお、PASMOの設定は少々面倒だったり、制限があるので、下記の記事を参考にしてくださいな。

テザリングもできて、モバイルルーターの代わりになる

Rakuten Miniはテザリングもしっかり出来るので、モバイルルーターの代わりに使える機種です。テザリングって何?という方は、下記の記事を参考にしてください。

今どきの機種ならばテザリング機能は当たり前かも知れませんが、この小ささでちゃんと使えるので、とても便利。

そして、何よりもRakuten UN-LIMITプランとの組み合わせがグッド。現状は“楽天回線エリア”内だけですが、データ通信使い放題。もちろん、テザリングでも同様。これならばモバイルルーターの代わりになるでしょう。

ただ、現状は(今後も)一日の上限が決まっている(10GB?)ようで、家庭の光ファイバー回線の代わりにはならないかも知れません。でも、外出中、カフェやらなんやらで使う分には充分です。私もコロナウイルス騒動の前にはスタバなどで作業をする時に利用していましたが、全く問題ありませんでした。
Rakuten Mini + Rakuten UN-LIMITプランの組み合わせ、グッドです。

カメラ機能も実用レベルでしょう

三番目はカメラの話。こんなに小さな機種ですが、カメラ機能・性能もそこそこイケています。もちろん、ハイスペックのスマートフォンにはかないませんが、普通に撮る分には問題ないレベル。その小ささを活かして、胸ポケットにでも入れておいて、街中で、旅先でぱっと取りだしてさっと撮れる、そんな機動性の高い“カメラ”です。
ただし、ストレージが32 GBしかなくて、SDカードなどは使えないので、クラウドサービス(Google DriveやDropbox、OneDriveなど)の利用をおすすめします。

Rakuten Miniカメラ

カメラの写り、性能ですが、写真ヘタッピの私が写しても、それなりに撮れますよ。以下、作例です。

旅先で撮った一枚、といった感じでしょうか。神社仏閣などでこんなシーン、良くありますよね。曇り空ながら、鳥居の朱も、百度石の文字の赤もそこそこ表現できているのではないでしょうか。

Rakuten Mini写真作例

明るい空の下の商店街。明暗がかなり激しい場所ですが、HDR機能がない割には暗い場所もちゃんと写っています。これならば、パッと撮っておいて、あとで加工すればもうちょっと観られるものにできそう。“失敗しにくい”カメラと言えましょう。

Rakuten Mini写真作例

さらに極端に、思いっきり逆光で撮ってみました。まあ、こんな写真を撮る人はいないでしょうけど、これでもなんとか観られる状態ではあります。意外と優秀なので驚きです。

Rakuten Mini写真作例

その他の作例はこちらを見てください。

動画ももちろん、撮影可能。

と言うことで、カメラ機能・性能としてもRakuten Miniはおすすめです。

ということで、Rakuten Miniはおすすめです

Rakuten Miniのスペックも載せておきます。

カラーバリエーションナイトブラック / クールホワイト / クリムゾンレッド
大きさ・重さ約106.2 x 53.4 8.6 mm ・ 約79 g
ディスプレイ3.6 inch TFT HD 1280 x 720
連続待ち受け時間約160時間
連続通話時間約5.4時間
CPUQualcomm Snapdragon 439 オクタコア 2GHz + 1.45GHx
OSAndroid 9
メモリ3GB (RAM) / 32GB (ROM)
カメラIn 500万画素 、 Out 1,600万画素
バッテリー約1,250mAh
おサイフケータイ・NFC対応・対応
防滴・防塵IPX2・IP5X
生体認証顔認証対応(指紋非対応)
テザリング8台
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
付属品ACアダプター・USB Type-Cケーブル・3.5mmイヤホン変換アダプター・ユーザーガイド(保証書)

楽天モバイルの携帯キャリアサービスがやっと始まり、私も無料サポータープログラムからRakuten UN-LIMITプランに切り替えました。CMでご存じの通り、初年度は無料ですから。値段的にもRakuten Mini + Rakuten UN-LIMITプランの組み合わせはおすすめでしょう。
行動範囲が楽天回線エリアに入っている人は検討の価値ありだと思います。

下記のバナーをクリックした先からどうぞ。

コメント