寒くなってきたから しょうが湯 でしょう

玉露園 しょうが湯 グルメ・美味しいもの

モニプラモニプラの商品モニターとしてお試し利用しました。

玉露園のしょうが湯

Wikipediaによると(ショウガ – Wikipedia)、古代中国やインドでは、生姜が既に薬として使われていたとか。それが日本に伝わり、食用・薬用として定着したようです。

そんな生姜を使った生姜湯を手軽に飲めるように粉末状にしたものが玉露園「しょうが湯」です。急に寒くなってきたし、これからの季節にピッタリでしょう。
以前、同じ玉露園のしょうが湯でも「から~いしょうが湯」を同様に試飲させてもらいました。名前の通り、生姜のピリピリ感が強い、喉に効きそうなテーストでした。詳しくはこちらの記事をみてください。

今回はノーマルタイプ。でも、公式サイトの説明によると

従来販売しておりました「しょうが湯」をリニューアルいたしました。

ローズヒップ、黒砂糖を使用したしょうが湯です。

甘さと辛さのバランスがよく、だれにも好まれる味です。

熱いお湯で淹れるととろみがつき、体が温まります。

新商品

ということで、「から~いしょうが湯」に比べるとマイルドな味わいになっているようです。

玉露園 しょうが湯

原材料名を見ても「黒糖」と「ローズヒップ粉末」が使われていると言うことで、甘みと酸味が特徴になっているようです。うむ、甘くて酸っぱいのか。なかなか複雑な味のようですね。

玉露園 しょうが湯

飲んでみた

成分表を見ただけでは味の想像ができないので、早速、いただきました。
カップに「しょうが湯」の粉末を入れたところ。この時点で生姜の香りがフワッとします。

玉露園 しょうが湯

注ぐお湯は100mlとのこと。エスプレッソのデミタスカップだとさすがに小さすぎるけど、この器だと半分程度。普段の珈琲は200ml程度しょうから、まさにその半分。
とろみがいい感じです。スプーンでかき混ぜると“抵抗感”があるくらいにトロトロ。

玉露園 しょうが湯

楽しくなって、動画も撮ってみました。こんな雰囲気です。美味しそうです。

感想

ぶんじん
ぶんじん

そんなにしつこくない甘みがいいです。ローズヒップの酸味は、、、うむ、難しい。でも、甘さがしつこくないというのがこのローズヒップのお蔭なのかな。

そしてやっぱり生姜湯ですから喉に効きそうな感じがいい。そしてシンプルに美味しい。
寒くなってきたし、身体の中から温まるのもグッド。ご馳走様でした。

生姜湯、我が家の冬の定番になってます。試用品を全部飲んじゃったので、買ってこなければ。
セブンイレブンでも買えるそうですよ。

玉露園ファンコミュニティファンサイト参加中

コメント

  1. 中野 潤子 より:

    飲んでみたくなりました。

  2. 中野 潤子 より:

    全くコメント入りません。

    • bunjin より:

      いつもどうも。

      すみません、確認が遅くなってしまいましたが、“スパム”コメントと認識されてしまったようです。
      今、承認をしたので表示されています。

      原因が不明なのですが、次回コメント入力時に「ログアウトしますか?」と出てくるところで、一度「ログアウト」して試してもらえますでしょうか。

      よろしくお願いします。

  3. 中野 潤子 より:

    そういう表示が出ないんですよ。Outlookも使っていません。変ですね。

    • bunjin より:

      あら?問題なく、コメントができているようです。スパムにもなりませんでした。
      原因不明ですみませんが、まずは結果オーライですかね。