VAIO SX12 RED EDITIONがアウトレット価格で10万円近く安くなっています

VAIO® SX12 | RED EDITION (VJS1238) ガジェット

私も使っています、VAIO RED EDITION

カフェで使って映える“Red Edition”

今年の初めから使っている VAIO SX14 Red Edition。その深紅のボディカラーはとにかく映えます。この機種はカフェで使ってこその機種、という感じ。私も色々な場所に持ちだして使っています。

スタバではMacやらMS SurfacePro、そしてパナソニックのLet’s noteなどをよく見かけますかね。でも、そんな中にあってもこの赤いボディのVAIOはかなり目立つのではないでしょうか。
どうせ仕事をするならば自己満足でもいいから気持ちよくやりたいものですよね。カフェでドヤ顔したっていいじゃないですか(笑)。その意味でおすすめですよ、VAIOのRed Edition。

VAIO SX12 | RED EDITION

他のスタバでも。ここは東京駅八重洲口かな。

VAIO SX12 | RED EDITION

タリーズコーヒーでも。

VAIO SX12 | RED EDITION

コメダ珈琲でも。ただ、この時は窓際の席(写真向こう側が窓)だったので人から見られることは少なかったかな。でも、キーボード面も同じ赤ですからボチボチ目立っていたはず。

VAIO SX12 | RED EDITION

家ではこんな感じで使っています。あらら、これではVAIOが可哀想かな。その分、外に連れて行ってあげないといけませんね。

VAIO SX12 | RED EDITION

これまでの紹介記事

これまで、このブログで紹介した記事は下記の通り。ご参考までにどうぞ。

アウトレットセール開催中

さて、前置きが長くなってしまいましたが、そんなVAIOストアでは現在 アウトレットセール を開催中。いわゆる“型落ち”品が対象。最近、ラインナップを一新して新製品を投入したVAIOなので、前のバージョンを一掃ということなのでしょう。

型落ちとは言え、インテル第十世代のCPUを搭載していますし(最新版は第十一世代)、その他のメモリーやらなんやらはそんなに大きくは変わっていません。つまりは、“充分に使える機種が安く買える”ということです。

その中で個人的におすすめなのが VAIO SX12 RED EDITION です。私のRed Editionは“SX14”。この数字はディスプレイの大きさを表すので、アウトレットセールに出ている機種は12インチのモデルです。残念ながらSX14はもう在庫がないようです。そして、今年の新機種にはなぜかRed Editionがありません。ということで、今、手に入るRed Editionはこれだけみたい。

254,980円(税込)155,480円(税込)

ということなので、かなりお得になっているでしょう。アウトレットセールなので、品切れしたら終わりでしょうから、Don’t miss it! です。

SX14とSX12ではディスプレイサイズ以外にもスペックに違いがあるので、詳細は公式ページを見てください。

なお、VAIOストア 2021ハッピーホリデーキャンペーンなんてのもやっているようなので、いろいろチェックしてみてくださいな。

VAIO STORE

コメント