楽天モバイル Rakuten Miniでテザリング

ASUS X545FA with Rakuten Mini ガジェット

テザリングとは

楽天モバイル 無料サポータープログラムに参加してみました | ぶんじんのおはなし第二話」の記事で紹介した通り、Rakuten Miniをゲットして色々いじってます。

小さいながらも意外と色んなことができる機種だというのが分かってきました。今回はその中で 「テザリング」の話。
テザリングとは、パソコンなどとインターネットとを結ぶ仲介機能のこと。スマートフォンが橋渡し役になります。
パソコンはWi-FiもしくはBluetoothでスマートフォンと繋げ、スマートフォンは通常の電話回線を使ってインターネットに繋がる仕組み。ごく簡単に絵にすると、下図のような感じ。

テザリングの説明

この”お仕事”をする専用機がモバイルルーターと言われる奴。実は同じことがスマートフォンでもできるんです。たぶん、最近のスマートフォンならばテザリングの機能が付いているかと思います。

そして、Rakuten Miniでもちゃんと付いていました。さらには、無料サポータープログラムの期間中はテザリングも使い放題なのです。

テザリングの設定の仕方

設定の仕方ですが、ちょっとメニューの深いところに潜っているので、分かりにくいかも。
歯車マークの「設定」から「ネットワークとインターネット」に進み、さらに「アクセスポイントとテザリング」を選んでください。すると、下の画面が出てきます。ここで、パソコンとどのパターンで繋げるかを選ぶことができます。基本はWi-Fi。その時は「Wi-Fiアクセスポイント」を選んで先に進んでください。
その他には、USBケーブルを繋げるパターンと、Bluetooth接続パターンがあります。

Rakuten Mini テザリング

「Wi-Fiアクセスポイント」のメニューは下図の通り。「アクセスポイント名」が、パソコン側でWi-Fi接続先に出てくる名前になります。デフォルトだと「C330」となっています。好きな名前に変更することもできます。
「セキュリティ」は基本的にこのままで。パソコン側で設定する場所があれば、同じ方式を選んでください。
「アクセスポイントのパスワード」は、パソコン側で入力が必要になるパスワード。こちらも自分で設定ができます。
「AP帯域幅」は2.4 GHzか5.0 GHzから選べます。屋外では2.4 GHzにしてください。詳しくは知らないのですが、電波法で決まっているらしいです。5.0 GHzは遠くまで届き過ぎちゃうので、それがいけないらしい。

接続は安定してます

ASUS X545FA は普段使いに丁度いいノートPC | ぶんじんのおはなし第二話」や「色々使える ASUS X545FA は、遊びも勉強も仕事もこなせる一台 | ぶんじんのおはなし第二話」で紹介しましたが、パソコンのモニターをしていた時、カフェでネットに繋げるのにRakuten Miniのテザリング機能を使ったのでした。一時間以上繋ぎっぱなしにしましたが、接続は安定していて、ストレスなく作業をすることができました。

ASUS X545FA with Rakuten Mini

最近はフリーWi-Fiが使えるところが増えてきましたけど、セキュリティ上の不安もあったりするので、テザリング機能は頼もしい限り。
ただ、欠点としてはバッテリーの消費が速いこと。そうでなくても約1,250mAhとかなり小さなバッテリーですから、長時間使うには充電の準備をしておいた方がよいでしょう。私もモバイルバッテリーを持ち歩いてます。

ちなみに、テザリングでパソコンなどを繋げると、Rakuten Miniの画面に下図のマークが表示されます。そして、ちょっと小さくて分かりにくいかも知れないけど、何台接続されているかが数字で表示されます。スペック的には8台まで接続可能とのこと。

テザリングのマーク

コメント