先週から在宅勤務継続中。膝上テーブルを買ってみました

ガジェット

在宅勤務は運動不足を何とかしないと

うちの会社も、在宅勤務(リモートワーク)が”推奨”から”業務命令”に変わりました。三月最終週からなのでまだ一週間です。慣れるまでにはもうちょっとかかるかな。出張先のホテルやカフェで仕事っていうのとはまた違いますね、これ。週末や夜は家でブログを書いていたりするんで、パソコンで作業をするってのには慣れているはずなのに、”就業時間帯”を守って働くってなんか中途半端に拘束されているようで何とも言えない感覚。

取りあえず、頭と身体を切り替えることが大事だろうと思い、朝は通勤していると同じくらいの距離(万歩計で測った歩数でみてますが)を歩き回ったあとに仕事を始めてます。また、昼休みも然り。家に食べ物があったとしても近所のコンビニまで買い出しに行って身体を動かしてます。

それでもやはり運動不足にはなりますね。普段は日に一万歩は歩いているんですが、上記のように”散歩”を無理矢理しても七千歩が良いところ。オフィスにいれば、トイレに行くんだって、コーヒーを買いにいくんだって多少は歩く訳ですが、ウサギ小屋の我が家では十歩も歩かずに済んじゃいますから。

愛用しているスマートバンドのXiaomi Mi band 4は「座ったままの姿勢が長く続いているとアラームを出す」という機能があるので、これが鳴ったら立ち上がって軽くストレッチをする、ということもし始めました。さてさて、これで”エコノミー症候群”になることは防げるかな?

膝上テーブルをゲット

あと、こんなものも買ってしまいました。我が家にはパソコン用デスクを備えていて、椅子もそれなりに疲れにくいものを買ってます。そのため、自分のパソコンを操作するのには苦痛を感じることはありません。でも、困ったことに会社の仕事は、会社から支給されたノートパソコンを使わねばなりません。会社のVPNに接続したりするのに特定の設定・登録したパソコンじゃないとダメなんです。
ということで、馴染みのデスク・椅子で作業をすることができないんです。なにせ、デスクの上はディスプレイやらHDDやらスピーカーやらで占領されているんで、会社用ノートパソコンを置く隙間もないですよ。そのため、食事用のテーブルで仕事をすることに。これ、どうも姿勢がよろしくないのでいつも以上に疲れちゃいます。

そこで、同じ姿勢が辛くなった時に使おうと、こんなものを買ってみました。サンワサプライ膝上テーブルです。

FUNction Stand

裏がこんな風にメッシュ生地のクッションになっていて、また出っ張りがあって良い感じの角度になるというもの。使ってみると、膝との間に隙間もできるので、熱くならないのもグッド。ノートパソコンって、底面に排熱用の排気孔が付いているものが多いので、そのまま膝に乗せているとかなり熱くなっちゃうんですよね。ノートパソコンにも良くないし、人間にとっても不快なことこの上なし。
また、U字型にくりぬかれた形になって、持ち手も付いているので持ち運びも楽。さらにこの分で軽量化も図っているようです。ちなみに重さは310 gとのこと。

FUNction Stand

自分のChromebook(ASUS Chromebook Flip C434TA)を載せてみました。会社のパソコンじゃないのは、単にChromebookを宣伝したかったから。。。。(Chromebookでブログを始めてみよう | Chromebookデビューしてみませんか を参照願います)。
ディスプレイのサイズは13インチ。これならば一回り大きい15インチでも大丈夫そうですね。ただ、さすがにマウスを転がすスペースはないので、タッチパッドを使うことになるでしょう。もしくは、トラックボールならば何とか置けるかな?

FUNction Stand

見ての通り、手間には突起があるので、パソコンが滑り落ちることはありません。また、こんな風にピッタリとくっつけて使えば、パソコンがズレることもないので快適に作業ができます。

FUNction Stand

おまけ機能というか、こんな工夫も。取っ手部分にこんなスペースが設けられていて、タッチペンを入れるなどの用途に使えます
ただ、ピッタリサイズなので、そのままペンを入れると取り出しにくいかも。ストラップを付けるなりしておいた方がストレスがなくて良いかと思います。

膝上作業は、さすがにこれで一日中というのは辛いです。テーブルでの作業に飽きて、姿勢を変えたい時のため、という感じで使っています。

FUNction Stand

購入先はこちら。

もしくは、楽天市場などでも購入可能です。値段は上記の直販サイトが一番安いみたい。
また、もうちょっと大きめ(広め)のものなど、何種類か出ているようです。ニーズに合わせて選んでください。

あと、テーブルで作業をしている時にビデオミーティングをすると、背景がちょいと見苦しい状態になっていますので、そんな時にも使っています。壁により掛かって使えば、背景は壁だけになりますからね。
Skypeだと背景をぼかす機能があるけど、会社で使っているGoogle Hangouts Meetではそんな機能はないようです。今、色々と話題のZoomでは、AI機能を使ってリアルタイムに背景を好きな画像にしてくれるとか。Work at homeが全世界的な潮流になっているこの時期、Googleも頑張ってこの機能を採り入れてもらいたいな。

さて、まだまだ在宅勤務は続くみたいですが、色々と工夫してお互いに頑張りましょう。

コメント

  1. 東雲 より:

    在宅勤務も 色々とご苦労があるのですね・・・。
    緊急事態宣言がようやく、といった感じですが、
    この状況は 一体いつまで続くのでしょうかね?
    心身共に健康でいられる工夫をしながら、
    何とか乗り切るしかありませんよね。

    • bunjin より:

      何事も慣れないうちは色々とありますね。あと、
      先が見えないって言う漠然とした不安もありますし。

  2. […] […]