NESPRESSO TOKYO VIVALTO LUNGO(トウキョウ・ヴィヴァルト・ルンゴ)

NESPRESSO TOKYO VIVALTO LUNGO グルメ・美味しいもの

NESPRESSOのラインナップが一新

NESPRESSOのカプセル式珈琲を愛飲・愛用しています。エスプレッソマシーンの価格を除くと、珈琲のカプセルの値段は一杯分が100円程度。この値段で、家でしっかりとしたエスプレッソが気軽に飲めるのですから、ありがたい存在です。豆で購入するのと違って、カプセルだと色々な種類を楽しめるのもグッド。

そんなNESPRESSOの定番ルンゴ(110 ml)珈琲シリーズのラインナップが一新されました。香りや酸味・苦味が異なる

  • ケープタウン・エンヴィヴォ・ルンゴ : 味わいの強さ 10
  • ストックホルム・フォルティシオ・ルンゴ : 味わいの強さ 8
  • トウキョウ・ヴィヴァルト・ルンゴ : 味わいの強さ 6
  • ヴィエナ・リニツィオ・ルンゴ : 味わいの強さ 6

が登場。都市の名前を冠しているんですね。

トウキョウ・ヴィヴァルト・ルンゴを飲んでみた

トウキョウ・ヴィヴァルト・ルンゴ サクラ シーズナルセットA (30杯分)の新発売記念セットに惹かれて、まずはこれを購入してみました。トウキョウ・ヴィヴァルト・ルンゴが三十杯分(一セット(一本?)に十個入りが三セット)です。

カプセル自体がだいぶ華やかになったんじゃないでしょうか。以前のルンゴは、種類によって色は違ったけど、単色。それが植物をあしらったデザインになっています。これ、桜なのかな。トウキョウ(日本)のイメージが桜と言うことなのでしょう。

いつもはピクシー ルンゴカップ エンヴィヴォ・ルンゴのカップを使っています。ステンレス製で清潔感があって、気に入っています。
ただ、折角なので今回は透明なカップに。中身が見えた方が写真映えしますから。と言っても、適当な大きさのカップがなかったので、サー・トーマス・リプトンのカップを使用。大きさがちょうどいいし、見ての通りに香りを楽しむのに適した格好をしていますから。

公式サイトの説明によると

洗練さと自然な甘みを求める日本人が好むのは、芳醇な味わいと上品なアロマのバランスのとれた味わいです。その味わいを実現すべく、エチオピア産とメキシコ産のアラビカ種コーヒーをブレンドしました。

本格的なコーヒーを ネスプレッソの カプセルコーヒーで | ネスプレッソ

とのこと。

さて、飲んでみた感想です。
酸味が少なくて、軽い口当たりです。それが一口目の印象。その後、下の奥で甘みと苦味がいい感じに効いてきて、後味はスッキリ。なるほど、これは「定番」に相応しい味わいです。主張が強すぎず、毎日飲んでも飽きない味。いいですね、これ。
眠気を吹き飛ばしてくれるような、ガツンとくる感じではない。とにかく爽やか。これは朝食時に飲むのが良さそう。気に入りました。

次は、フルボディのケープタウン・エンヴィヴォ・ルンゴを試してみようかな。

コメント