コンビニで買えるナッツバーのBE-KINDで美味しくナッツを食す

BE-KIND グルメ・美味しいもの

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」でモニター価格で購入、試してみました。

ナッツバー BE-KIND とは

BE-KIND Snacksは、宣伝文句によると

全米のコンビニで売上No.1のナッツバー

IRI 栄養調整食品コンビニ累計販売金額(2019/5/18~2020/5/17)

とのこと。競合のナッツバーが他にどれくらいあるか知らないのですが、売れていることに間違いはないでしょう。
見た目でも分かる通り、ナッツがまるごとぎっしりと入ったスナックバーになっています。さらに、人工甘味料不使用で、低GI食品とのこと。

四種類が発売されていて、

  • プロテイン ダークチョコレート&アーモンド
  • ラズベリー&チアシード カシューナッツ
  • キャラメル アーモンド&シーソルト
  • メープル ペカンナッツ&シーソルト

といういラインナップ。どれもネーミングからして美味しそう。
希望小売価格は税込みで一本250円なり。主要なコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、NewDays)で販売中だそうです。

BE-KIND

早速、食べてみた

今回はその中から二種類、キャラメル アーモンド&シーソルトと、メープル ペカンナッツ&シーソルトを頂きました。

BE-KIND

アメリカで人気だし、見た目からしてもかなり甘ったるくてベタベタしているのかと思いきや、そうでもなかった。もちろん、キャラメルでコーティングされているので甘いんですけど、それ以上にナッツの存在感が充分あり、さらには塩味も効いているのでいい“塩梅”になっています。とにかく、「ナッツを食べているぞ!」という満足感が強い。なるほど、これは人気があるのもわかりました。

一本で約200Kcal, 糖質は10g以下。朝食代わりに、そしておやつに、さらにはスポーツ時の栄養補給にと、手軽に食べられるのでいいですね。私は昔からカロリーメイトやSoyJoyをよく食べていたんですが、それよりも歯ごたえがある分、満足感は高いと感じました。これ、気に入りました。美味しかった。

BE-KIND

購入はコンビニでどうぞ

上記の通り、日本国内では今のところはコンビニのみで販売展開しているようです。

Amazonにも出品されていますが、並行輸入品ですね。

コメント

  1. 中野潤子 より:

    これは私には危険物。近寄らないに限ります。