ASUS ZenFone 7 Proを実際に触ってみた

ガジェット

ASUS ZenFone 7 Proを試用させてもらってます

先日、ゲーミング用スマートフォンのASUS ROG Phone 3をお試しさせていただいたんですが、今度は“三眼フリップカメラ”のASUS ZenFone 7 Proをお借りすることができました。例によって、色々と触ってみて報告したいと思います。

ASUS ZenFone 7 Proとは

2020/10/23に国内で販売が開始されたASUS ZenFone 7 Pro(同一シリーズにZenFone 7もあり)ですが、いわゆる“フラッグシップ機”と言われる、機能・性能に秀でたスマートフォンです。特徴は色々あるんですが、なんと言っても180度くるりと回ってアウトカメラがインカメラにもなっちゃう“フリップカメラ”でしょう。前のZenFone 6から登場したこのフリップカメラが、今回は三眼(通常・広角・望遠)レンズとバージョンアップされているんです。

このギミック感溢れるフリップカメラのお蔭で、ディスプレイ側にはカメラ用の穴を開ける必要がなく、6.67インチの大画面となっています。
また、ディスプレイにはナノエッジAMOLEDが採用され、さらにはCorning Gollira Glass 6も使われているため、きれいでしかも丈夫。

その他にも、5,000 mAhの大容量バッテリーだったり、5G対応だったりと、ハイエンドモデルに相応しい機能・性能になってます。

詳しいスペックを公式サイトから抜粋しておきます。

ZenFone 7 ProZenFone 7
本体カラーオーロラブラック、
パステルホワイト
OSAndroid 10
CPUQualcomm Snapdragon 865 PlusQualcomm Snapdragon 865
メモリ8 GB LPDDR5
ディスプレイ6.67インチ AMOLED,
Corning Gorilla Glass 6,
2400×1080 Full-HD 90Hz,
10点マルチタッチ
ストレージ256 GB128 GB
カメラ6,400万画素 広角カメラ内蔵 (メインカメラ) OIS搭載
1,200万画素 超広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
800万画素 望遠カメラ内蔵 (3rdカメラ) OIS搭載
デュアルLEDフラッシュ
6,400万画素 広角カメラ内蔵 (メインカメラ)
1,200万画素 超広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
800万画素 望遠カメラ内蔵 (3rdカメラ)
デュアルLEDフラッシュ
センサーPS(GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS、NavICサポート)、
加速度センサー、電子コンパス、光センサー、
近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、
カメラアングルセンサー、磁気センサー、NFC
通信IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax、
Bluetooth 5.1,
5G対応
I/FUSB Type-C×1 (USB 2.0)、
nanoSIMスロット×2、
SDカードスロット
バッテリー5,000 mAh
サイズ・重さ165 x 77.2 x 9.6 mm, 235 g
製品カタログ

なお、Proとノーマルとの差は、CPUとストレージ、そしてカメラに手ぶれ補正機能(OIS)があるか否かです。動画を撮ることが多いならばProを選択するのがおすすめでしょう。

外観チェック

例によって、最初は見た目をチェックしていきます。

お洒落な箱に入れられてました。デザインはシンプルなようでいて、色んな色を使っています。

同梱品色々。充電用のAC電源アダプター&ケーブル(両端ともUSB Type-Cです)、(簡単な)取扱説明書、ケース二種類、SIMカードスロット取り出し用のピン。

本体右側面にボタンが全て配置されています。上側がボリュームボタン、下側が電源+指紋センサー+スマートキーになっています。
電源ボタンと指紋センサーが一緒になっているため、電源オン(スリープからの起動)とアンロックが同時にできるのがミソ。あと、“スマートキー”としては長押しやダブルクリックに機能割り当て(特定アプリ起動、Wi-FiのOn/Off、BluetoothのOn/Off、懐中電灯起動など)が可能になっています。

本体下端にはUSB Type-C端子。イヤホンジャック用の穴がないので、全てUSB Type-C端子を利用することになります。ちなみに、イヤホンジャック端子とUSB Type-C端子の変換アダプターは附属していませんでした。

あと、右側からスピーカー、LEDインディケーター、USB Type-C端子、マイクとなっています。

左側面にはカードスロット。こちら、Micro SDカードと二枚のSIMカードを同時にセットできる仕様になってます。これまでの機種ではデュアルSIMと言いながらも、二枚目のSIMカードとSDカードとどちらか一方だけしかセットできませんでしたが、これは全部入れられます。これはかなり良いかも。SDカードに音楽データを入れ、日本国内用と海外用SIMカードをセットすれば、海外出張も快適でしょう。

次回は、実際に使ってみた感想をレポートします。

ASUS ZenFone 7 Proはここで買えます。

公式オンラインショップASUSストアで購入可能。ZenFone 7 Series|ASUS Storeの紹介ページからどうぞ。

コメント

  1. 中野潤子 より:

    私にはブタに真珠です。

    • bunjin より:

      いえいえ。フリップカメラ、使いこなすと面白い写真が撮れそうですよ。

  2. 中野潤子 より:

    なんだかワクワクして触ってみたくなりますね。重さからの解放感が何よりの魅力ですし、今までと変わった視点で撮れるのはさらに魅力。傍にお助けマンがいると最高です。

    • bunjin より:

      実際に色々と撮影してみました。ちょっとコツがいりそうですが、フリップカメラ、確かに面白かったですよ。「視点を変える」と世界が広がりますね。