丸亀製麺の「紅生姜玉子あんかけうどん」が思いのほか美味しかった

スポンサーリンク
紅生姜玉子あんかけうどん グルメ・美味しいもの

紅生姜玉子あんかけうどん とは

丸亀製麺の季節限定メニューの牡蠣たまあんかけうどんが食べたいなと思って、奥さんとの散歩の途中で久しぶりに行ってみました。ところが青山オーバル店では提供していなかったのでした。残念。
で、仕方ないなと思いつつ選んだのが紅生姜玉子あんかけうどん。「紅生姜だけを大量に載せてるって、どうなの?!」と思ったんですが、モノは試しですから。

「騙されたつもりで・・・」と思って(?)食べたんですが、美味しかった。
紅生姜はかき揚げとなっています。生姜の辛さよりも、酸味が強い。酸っぱいんです。まあ、紅生姜だから当たり前ではあるんですが、うどんでこの酸味は初めてなので驚き。でも、玉子とじになっていて、その甘さとのコントラストが非常にいい塩梅。もちろん、うどんとの相性もグッド。紅生姜って牛丼の薬味というイメージが強かったけど、その固定概念を崩してくれる存在でした。汁も全部飲み干して完食しちゃいましたよ。

  • 並盛 : 580円
  • 大盛 : 710円
  • 得盛 : 840円

となっています。私が食べたのは並盛りでした。

丸亀製麺の季節限定メニュー、いつも美味しくて楽しみにしています。今回は美味しいだけじゃなくて、驚きもあって良かった。アサリが山盛りになっているメニュー以来の驚きだったかも。なので、久しぶりにこのブログで感想を書いてしまいました。ご馳走様でした。

岡本太郎の作品が観たくて

ちなみに青山に行ったのは、先日、奥さんと一緒に観に行った「岡本太郎」展に刺激され、街角アートとなっている岡本太郎の作品をまた観たくなったから。

元・こどもの城の前に建っている「こどもの樹」。いくつの顔があるんでしょうかね。こどもの城は取り壊されちゃうようですが、こちらは存続が決まったようです。このインパクトですから、触ったら祟りがあるというか、恐れ多くて触れられないでしょう。

像の後ろに見えるビルは国連大学。そのさらに奥にある青山オーバルビルの地下街がオーバルプラザ。そこに丸亀製麺 青山オーバル店なのでした。

コメント

  1. 中野 潤子 より:

    「紅生姜玉子あんかけうどん」聞いたことも見たことも食べたこともありません。そんあに美味しいのですか。安い値段でそれだけ褒められたら大したものですね。こちらでも探してみます。

    • bunjin より:

      味の好みは人それぞれなので“保証”はできませんが、美味しいと思いますよ。