東京国立博物館「春夏秋冬 乃木坂46」展

春夏秋冬 乃木坂46 美術展・写真展

東京国立博物館 – トーハクで開催中の「春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46」展を観てきました。

この企画展では写真撮影OKです。ただし、三脚・フラッシュNGなどの注意事項には従ってください。

展示内容

公式サイトの説明によると

本展は、春夏秋冬の花が表現された7点の日本美術と、アイドルグループ・乃木坂46を重ね合わせ紹介する実験的な展覧会です。

メンバー一人ひとりを花に見立てた映像インスタレーションによって、日本の人々が花に託した造形の本質が彼女たちのパフォーマンスで示されていきます。

乃木坂46と日本の文化と、そして私たちが生きる日常/自然とが、地続きの存在であることを実感できるはずです。

春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46

とのこと。美術館・美術展・美術品にあまり馴染みのない人にもその魅力を知ってもらおうとの狙い。東京国立博物館収蔵品の高精細複製品と、映像による “メディア・ミックス” となっている。
複製品であるが故に作品を間近で観ることができ、映像との自由な組み合わせ展示を可能としているのが特徴。

展示構成は以下の通り。

  • 展示01 花下遊楽図屏風・狩野長信:桜 齋藤飛鳥
  • 展示02 焔・上村松園:藤 遠藤さくら
  • 展示03 夏秋草図屏風・酒井抱一、風神雷神図屏風・尾形光琳
    :百合 久保史緒里、葛 山下美月
  • 展示04 秋草図屏風・俵屋宗雪:オミナエシ 生田絵梨花
  • 展示05 見返り美人図・菱川師宣:菊 賀喜遥香
  • 展示06 四季花鳥図屏風・伝 雪舟等楊
    :椿 星野みなみ、牡丹 与田祐希
  • 展示07 振り袖・白縮緬地梅樹衝立鷹模様:梅 梅澤美波

花下遊楽図屏風」は江戸時代(17世紀)の作品。桜の木の下、阿国歌舞伎を模して踊る女性たちは、浅井三姉妹がモデルと言われている。
絵の端には、幕の間から中を覗く侍女らしき人が描かれている。そんなシーンからインスパイアされたのか、展示ブースにはスリットカーテンがしつらえてあり、齋藤飛鳥が優雅に踊る姿がカーテンの向こう、そしてカーテンにも投写されている。幕の向こうで踊る姿を見ているような気になる。

春夏秋冬 乃木坂46

上村松園の「焔」は源氏物語に登場する六条御息所の生霊を描いたもの。妖艶さが際立つ作品だ。
可愛らしいイメージの強い遠藤さくらがキリッとした目つきで踊る姿がコラボレートしている。ターンをするたびにふわっと広がる衣装が、風に揺れる花のように波打つ。

春夏秋冬 乃木坂46

秋草図屏風」と重ね合わされて生田絵梨花の姿が写されているインスタレーションは、文字通り二つが一体化した作品。オミナエシは古代、美しい女性の象徴として貴族たちが多く、歌に歌っている。細く伸びた茎の先に小さな黄色い花が咲くオミナエシと、細くしなやかに伸びる生田絵梨花の腕とがリンクしている。

春夏秋冬 乃木坂46

振り袖・白縮緬地梅樹衝立鷹模様」は、江戸時代中期の友禅染の作品。名前の通り、衝立がいくつか描かれているのだが、そこに描かれた梅は背景にも伸びていて一つに繋がっている。衝立なのか、ガラス窓なのか、梅の一部をクローズアップしてみせる効果を見せている。
いくつも並べられたディスプレイに梅澤美波の姿が写し出される。全身だったり、手だったり、足だったり。コケティッシュな雰囲気漂う映像となっている。

春夏秋冬 乃木坂46

感想

東京国立博物館には何度も行ったことがありますが、表慶館に入ったのは初めて。1909年に開館した、日本初の本格的美術館なのだそうです。確かに、建物自体がもう “作品” でした。
中に入るとドーム屋根をいただいた吹き抜けのホールが広がっています。その場所からもうインスタレーションは始まっていました。どんな姿も絵になる美女・美少女の集まった乃木坂46ですが、こういう風に観るとさらにその美しさが引き立ちますね。

春夏秋冬 乃木坂46

面白い作品ばかりでした。屏風絵や絵画作品と共に映像が色々な形で流されているのですが、なるほど雰囲気がピッタリ。阿国歌舞伎に魅せられていた中世の人々も、アイドルに夢中になる現代人もその心情・趣味嗜好は同じようなものなのでしょう。「昔はおたふく顔が美人だった」云々とは良く言われますが、「美しいものに惹かれる」ことでは変わりは無し。

実験的作品としても面白かった。ディスプレイを縦に横にして並べての映像や、3D映像など、見せる仕方も色々。そしてそんな映像(動画)と並んで観るせいか、屏風絵の中の人びとや草木も動いているように錯覚してしまう。乃木坂46の彼女たちのダンスがスローテンポで、衣装がふわりと揺れていることもあって、風が吹いているように感じられるのだ。その風が屏風絵の中にまで吹き込んでいるみたい。いや、不思議な感覚。
3D映像も、メガネなどの必要がない、裸眼で観られるやつでした。飛び出すテレビ(表現が古いか)もこんな風に楽しめるようになったのかと感心しちゃいました。

と言うことで、楽しい美術展でした。そして、さすがは乃木坂46ですね、日時指定の予約制ですが、朝からずっと満員のようでした。展示ブロックごとにちょっと待たされることも。人数制限がされているので作品鑑賞は落ち着いてできますからありがたいことではあります。ノンビリゆったりした気持ちで作品を楽しみましょう。

乃木坂46のイベントでもありますから、もちろん(?)グッズも多数販売されています。図録は無論ですが、ポストカード、クリアファイル、カレンダー、キーホルダー、ステッカー、Tシャツ、パーカー、タオル、ポーチ、スマホケース、マグカップ等など。ポストカード、クリアファイル、キーホルダーは全メンバー分ありましたよ。
Tシャツの他に、しっかりと山崎 怜奈さんグッズを買ってしまいました。

春夏秋冬乃木坂46

美術展情報

コメント