VAIO SX14にアプリケーションを色々入れてみた

ガジェット

久しぶりのWindowノートパソコンだから

Linkshareの「PC・デジタルフェア2020」のプレゼントキャンペーンに当選し、VAIO株式会社からSX14 RED EDITION VJS1428をいただいてしまい、ありがたく使わせてもらっています。

前回はスペックや外観、そして使い始めるまでの設定に関して書きました。下記記事を参照願います。

今回は、色々とアプリケーションをインストールしてみたので、その辺りをご紹介。

仕事では会社からWindowsパソコンを支給されているのでそれを使っていますが、プライベートでは下にあるサイトを作っているように、Chromebookを愛用しています。ブログを書いたりネットサーフィンしたり、SNSしたりする分にはこれで充分。

で、このVAIO SX14をどう使おうかとちょいと悩んだ訳ですが、折角のWindowsパソコンなので、Chromebookでは動かない(Chromebook版がリリースされていない)アプリケーション用にしようと思いつきました。と言っても、ネィティブなアプリケーションがなくても、Web版がある(MS-Officeなど)ものも多いので、Windowsじゃないと絶対にダメというものではないのですが(それだけ、「Chromebookも使える、Chromebookで充分」、と言うことなのですが)。
まあ、細かいことは置いておいて、ネィティブなアプリケーションの方が使い勝手はいいかなと思えるものも含め、インストール。

入れてみたのは以下のアプリケーション。

Office 365 Soloのサブスクリプション契約をしているので、合計で五台までパソコンにインストールできる権利を持っています。それを使ってインストールしました。
当然ですが、問題なく動きました。ただ、ストレージが128GBと小さいため、その点が厳しいかな。

本題とは直接関係ないのですが、個人的に気に入っているツールをついでにご紹介。それがMicrosoft Swayです。プレゼンテーション資料を簡単に作れるソフトです。Powerpointを持ち出すまでもない、ササッと作ってWebで共有できるのがいい。できることが限られている分、変にデコレーションに凝ることなく、シンプルな資料が作れます。おすすめです。これだけなら無料で使えるのかな。Windowsストアで入手できます。

VAIO SX14を試す

続いてはAdobe Creative Cloudです。こちらサブスクリプションタイプのサービス。私はフォトプランに入っていて、Photoshop, Lightroom, Bridgeなどが使えます。写真の編集・加工や、Web用のbannerを作るのに使えます。Lightroomは、Classicの方を使っていますが、撮りためた写真の整理(グルーピングやタグ付けなど)に使っています。

4Kディスプレイを活かして、写真の編集やビューイングに使おうかなと思っています。
まあ、ここでもストレージの小ささが問題になりそうだから、本格的に使おうとなると外付けのSSDが必要になるかな。
写真を一枚、編集するには全く問題なしでした。露光調整やらなんやらをするにも軽快に動いてくれます。なかなか頼もしい。パンデミックが収まって、また写真撮影をメインにした旅行に行くとなったら、かなり活躍してくれそうです。

最後はソースネクストで購入した「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」です。名前の通り、家系図を描いていくためのツールです。これ、“Powerpointなどの「組織図」作成機能でできるんじゃないの?”なんて思われるかも知れませんが、そんなことはありません。このツール、各人物の属性(名前やら生年月日やら)を管理したり、個々人の色々な関係(親子・夫婦・養子など)を表現できたりと、家系図に必要な機能が充実しているんです。専用ツールなので、使い方も分かり易く、簡単。

で、以前から持っていて、我が家の家系図を描いているところでした。近所に住んでいる父からヒアリングを行って書き込みをするんですが、持ち歩けるChromebookでは使えないので、ヒアリングは手書きメモ。それを家に持ち帰ってデスクトップのWindowsパソコンで作成という手順でした。
でも、このVAIO SX14にインストールしたので(入れ替えたので)、これを父と一緒に観ながら作業ができそう。作成が捗るかな。

他にも使い方色々

あとは、Chromebookでもできる話ではありますが、4Kディスプレイと綺麗なことを活かして、動画鑑賞に使えそう。まあ、4Kのソースってまだまだ少ないので、その性能を活かせる機会は少ないかも知れませんが。
乃木坂46の「僕は僕を好きになる」の各曲MVを楽しんでいます。

マンション管理組合の理事会をZoomでやってみようという話があり、管理会社の人とお試しで繋いでみる時にも使ってみました。もちろん、問題なく使えましたよ。バーチャル背景にしたけど、綺麗に処理してくれました。ヘッドセットを使わずに、パソコン本体のマイク・スピーカーを使っての会話だったんですが、それもスムーズ。

VAIO SX14を試す

ということで、なんとなくの使い分けパターンが決まってきた感じです。

ここから買えます

VAIOストアから購入できます。

VAIO STORE LOGO リンクシェア レビュー・アフィリエイト

コメント