「流行するポップ・アート展」

渋谷文化村でやっている「流行するポップ・アート展」を観に行ってきた。アンディ・ウォーホルやバスキアなどの作品展だ。現代美術にはあまりなじみがないのだが、文化村のメンバーズ・クラブに入っているので、招待券が送られてくるのだ。まあ、そんな感じでそれほど期待をして行った訳ではなかったが、以外に面白かった。現代美術って、なんだかわからんぞってものが多い気がしていたけど、銀メッキされた(?)コカ・コーラのビンや野菜類が入っている冷蔵庫のオブジェだの、トヨタのショールームを写真のように超写実的に描いた絵画など、見ていて「ふーん、なんかおもしろいね!」って思えるものが多かった。

うちに一枚欲しいなぁとちょっと思ったりもしたけど、我が家に置いても周りの家具と合わないか。でも、こんな作品が似合う部屋だと、なんか落ち着かないかも。

コメント